ジンバルに出会うまで

当時動物を撮影することが多くあり、ホームビデオカメラで撮影をよくしておりました。

手持ち撮影が主で、手振れが気になり、

当時画期的に手振れが抑えられるビデオカメラが発売されたのが、

ソニーの空間光学手ブレ補正のビデオカメラでした。

私も購入して大活躍したのですが、そこからもっと手振れが抑えられないかと考え

アナログのスタビライザーステディカムとの出会いでした。

 

当時は、電動ジンバルもなく、自作でのステディカムを作成したり、

市販のステディカムなど使用しておりました。

そんな当時You Tubeでスムーズな映像を沢山あげておられたeijiさんが、

今でも鮮明に覚えているのですが、海外の映像クリエィターが自作でジンバルを作って、

You Tubeに映像をあげられていて、これからの時代は、

これだと言っておられたことを覚えています。

 

私もアナログスタビライザーからジンバルに移行し、

ジンバル撮影を楽しんでおりますが、GUIの設定やジンバル沼が待っておりました。